Pages

2016-05-07

Ten Nights of Dreams by NATSUME Soseki – The Sixth Night


第六夜

 運慶が護国寺の山門で仁王を刻んでいると云う評判だから、散歩ながら行って見ると、自分より先にもう大勢集まって、しきりに下馬評をやっていた。……

2 件のコメント:

  1. 第一夜と第六夜が特に好きです。
    第六夜は明るいですよね。
    終に明治の木には仁王は埋まっていないのですが、
    優しい話に感じます。

    返信削除
  2. 確かに、第一夜と第六夜は、優しい感じがしますね。それに対して、次の第7夜は、ちょっと暗いです。
    引き続き、よろしくお願いします。

    返信削除