Pages

2016-05-26

Ten Nights of Dreams by NATSUME Soseki – The Seventh Night


第七夜

何でも大きな船に乗っている。
この船が毎日毎夜すこしの絶間なく黒い煙を吐いて浪を切って進んで行く。凄じい音である。けれどもどこへ行くんだか分らない。ただ波の底から焼火箸のような太陽が出る。……