Pages

2016-10-13

Ten Nights of Dreams by NATSUME Soseki – The Eighth Night


第八夜

床屋の敷居を跨またいだら、白い着物を着てかたまっていた三四人が、一度にいらっしゃいと云った。
真中に立って見廻すと、四角な部屋である。窓が二方に開いて、残る二方に鏡が懸っている。鏡の数を勘定したら六つあった。……